ここから本文です
  • >>183

    なかなか、決算に疑義がある中で
    株価の評価(買い判断)はしにくいでしょうなぁ
    あえて、この状況下で買い材料を探すとしたら

    将来、東証1部(上場基準厳格化)を
    目指してるとしたら
    時価総額500億円はキープしたいところ。

    売上は400億円~500億円はある訳で、
    社員数も1500人弱(連結)を雇用してるので
    体裁的には、東証1部クラス。(中身は・・・)

    調査前の提出した2019年第2Qの時点で
    発行済み株数3972万株(自己株含む)
    500億円÷3972万株=1,258円

    ※あえて←ここ重要。1,258円より下がらないとは
     言ってませんので。ネタと思ってください。
     現状より希薄化(発行済み株数が増)で水準は下がる

    ※ちなみに、同業他社で同じように業績が冴えない
     東証1部のパイセン  ヤーマン(6630)
     売上280億円 総資産194億円
     社員数(単独)222名 時価総額520億円程度