ここから本文です

>>206

昨日5/31は、MSCI指数採用銘柄の入れ替え日で、それに伴うリバランスの売買が
多くの銘柄で行われ、大引けに大量の売買が成立しました。

MSCI指数入れ替え自体は、4銘柄が採用され、3銘柄が除外されただけですが、
実際にはリバランスによって昨日だけで3,000億円の売り需要があると事前に
言われていまして、実際これに直接関係ない銘柄でも、多くの銘柄に大引けだ
けで大量の出来高があり、例えば私が優待取りでずっと持っているイオンなど
も、大引けに110万株を超える出来高がありました。

市場全体の売買代金を見ても、
東証一部、一昨日2兆7千億→昨日4兆4千億
マザーズ、一昨日650億→昨日1,280億
っと激増しています。

指数入れ替えは四半期ごとですが、うち5月末と11月末は、世界的にファンドの
銘柄入れ替えを行うタイミングなのだそうですので、マザーズコア指数採用で
時価総額も大きいベイカレントは、そういう対象になっていたのだと思います。

ちなみに、BNYメロンが運用する中小型株ファンド"風神雷神"の構成銘柄上位
10銘柄中9銘柄が東証一部銘柄なのですが、第2位にベイカレントが入っています。
直近の株価上昇で、あるいは最新のデータでは1位になってしまっているかもし
れず、であれば...若干売ってきていても不思議ではないかなと。

誤発注も、あるいはなにかが漏れたということも、ないと思います。
長文失礼