ここから本文です

13日日経夕刊に、国際会計基準(IFRS)審議会はM&Aに伴い生じた暖簾を償却(費用計上)対象にするかの検討を始めたとあります。今すぐ実施される訳ではありませんが、これが実施されますとエボのように利益が数億円しかない場合、今後相次ぐM&Aに伴う償却で利益が大きく圧迫される可能性が気になりました。エボが以前採用していました日本基準に近くなるのかもしれません。是非、この記事をご一読ください。