IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

警察庁は7月6日、2020年12月末現在の「警備業の概況」を公表した。警備業法第4条に基づき、都道府県公安委員会の認定を受けた業者「4条業者」は1万113社となり、初めて1万社を超えた。警備員数は58万8364人と過去最多となった。

警備業法に基づく「認定業者(4条業者)」数は、前年に比べ205社(2.1%)増の1万113社、初めて1万社を超えた。

警備会社に所属する警備員数は「5人以下」が最も多く2571社(25.4%)。次いで「10〜19人」1873社(18.5%)など。100人未満は9056社(89.5%)だった。一方で「1000人以上」は51社(0.5%)だった。