IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

8日、香港証券取引所に上場する中国のモバイルアプリケーションソフトウエア大手・美図(Meitu)が1000万ドル(約11億円)分のビットコインを買い増ししたと発表したことや、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の発言を受けた米量的金融緩和の縮小観測が後退したことなどを材料に、主要暗号資産に資金が流入した。

 このほか、米金融大手ステートストリートが機関投資家向けの暗号資産取引プラットフォーム開発・提供に前向きと伝わったことや、米信託銀行大手バンク・オブ・ニューヨーク・メロンがビットコインETF(上場投資信託)のサービスプロバイダーになる可能性あるとの観測が出たことなども話題となっている。