ここから本文です
41

mcd***** 強く買いたい 2018年9月16日 16:36

>>31

テスラ 「信じられないほど素晴らしい」電動大型トラックを10月に

テスラのイーロン・マスクが、
EVトレーラーの発表試乗会を10月に開催すると発表

テスラはこれまで公式にこのトレーラーのシルエットを公開したのみで、
いまだ仕様などは明らかになっていません。

イーロン・マスクCEOは2017年4月に「EVトレーラーを9月に発表する予定だ」
とツイートしました。

その後は普及型セダン Model 3 の話題に隠れて、
トレーラーに関しては新しい情報はほとんど伝わっていません。

しかし、
8月下旬になってテスラに説明を受けたとするトラック管理会社従業員が、
テスラ製トレーラーの航続距離が200~300マイル(320~480km)ぐらいで、
長距離用というよりは都市近郊の短距離輸送に用いられるデイキャブタイプだったと話しています。

マスクは2016年、
ブログに綴った"マスタープラン・パート2"の中で
「一般向けの車種に加えて、あと2つのタイプのEVが必要」と語り、
そのひとつが「大型トラック "Tesla Semi"」だとしていました。

そしてEVトレーラーヘッドを普及させることで、
貨物輸送のコストを大幅に削減するとともに安全性を向上し、
運転自体も楽しめるようにできると豪語

なお、イーロン・マスクCEOはツイートで
トラックの出来を「信じられないほど素晴らしい」と自画自賛

また発表会の様子は今回もインターネットでライブ中継する

発表&試乗会を告知するマスクのツイート

返信ツイートを追っていくと途中から画像大喜利になりつつあるところは気になさらぬようお願いします。

  • 53

    mcd***** 強く買いたい 2018年9月18日 07:27

    >>41

    モデルXは、大人のエンタテイメント

    2003年に設立

    ロードスターを皮切りに、2008年にモデルS、モデルX。モデル3で一気に販売台数を増やす


    実は、電気自動車以外にも、幅広く事業展開

    テスラは、電気自動車以外にも
    太陽光パネルや住宅用ソーラールーフ、
    家庭用蓄電池パワーウォール、
    企業や電力会社向け蓄電池のパワーパック、
    急速充電設備スーパーチャージャー

    マスクは宇宙事業を手掛けるスペースXを立ち上げ、
    18年2月にはファルコン・ヘビーというロケットの打ち上げに成功

    その中には愛車でテスラの初代ロードスターが積み込まれ、現在は宇宙旅行中

    その模様はYouTubeで配信され、話題

    そして、世界最速の長距離高速輸送システム ハイパーループへ取り組み

    遊び心いっぱいのテスラ

    自動運転支援技術オートパイロット

    正確に言うと現状では運転席にドライバーが座り、いつでも運転できる状態でいなければならないので、全自動の自動運転とは少し違います。

    自動運転の定義でいうと5段階のうちのレベル2

    思い描く自動運転に近づける為、16年にバージョン8.0、17年にバージョン8.1と進化

    今年の夏にはテスラが完全自動運転となるアップデートをするとかしないとか。

    モデルの話。5人乗り~3列シートで最大7人乗りまでライフスタイルに合わせてシートインテリアを選ぶ。オートパイロットもモデルXに搭載。

    モデルXの中でも最も特徴的なのがファルコンウイングドア

    他にも面白い機能は、音楽に合わせてクルマがダンスする機能。

    そしてこの時期、嬉しいのは「キャビンオーバーヒートプロテクション」機能

    車がスイッチオフの状態でもお子様やペットが乗っている場合には車内の温度を安全に保ってくれる

    車内での熱中症などが予防できそう

    こちらは業界初の機能で、暑い夏にはあると嬉しいですね。

    そして極めつけは空調システム。
    「対生物兵器モード(BIOWEPONDEFENCEMODE)」、
    日本語では「生物兵器防衛モード」とも呼ばれ、病院や宇宙産業等で使用している
    空気濾過システム「HEPAフィルター」によって
    車内に花粉やウイルスが入る前に空気洗浄されて99.7%以上のアレルギー物質を除去 💑