ここから本文です
992

mcd***** 強く買いたい 2017年5月30日 23:57

>>987

オランダの学生の就職先、最も人気の企業は?

シェルやINGといった伝統的な企業は、オランダ人の大学生が就職したい企業リストでランクが下がっている。これに変わり台頭しているのが、テスラ

テスラは、アムステルダムに欧州本社を置き、
ティルブルグに組み立て工場

テスラ社は、理系学生の人気トップに躍り出た。

スウェーデンのコンサルティング会社ユニバーサムが
オランダ人の大学生2万3千人を対象に調査した結果

テスラ社の人気は創始者のイーロン・マスクとエコのイメージによるところが大きい。

これまで人気だった「アホールド(アルバートハイン)」、「ボルコム」、「トムトム」といった企業の人気は下がっている。さらに、「ラボバンク」、「ING」、「ABNアムロ」といった金融機関からも学生は離れつつある。

20代、30代の若者の企業選びに重要な点は、企業の目的、自由度、文化、雰囲気だという。この意味で、伝統的な多国籍企業ではありながら、環境を重視するポリシーを前面に押し出した「ユニリーバ」社は人気を保っている。ユニリーバ社は食品から洗剤、化粧品までを製造する英蘭企業である。

ちなみに、理系学生に人気なのは、「テスラ」、「グーグル」、「フィリップス」
経済経営系では、「ハイネケン」、「KLM」, 「グーグル」と、
グーグルは理系・文系ともに人気が高い。


テスラは、13年にオランダ工場

テスラは8月22日、オランダのティルブルグで工場を稼働し、新型EVの『モデルS』の生産を開始した。
オランダ工場はテスラモーターズにとって初の海外生産拠点
欧州市場での足がかりとなる。

12時間以内に、欧州のあらゆる場所への部品供給を可能にする
工場の敷地は1万8900m。
13年の生産台数は21000台。
オランダの他、ベルギー、オーストリア、スイスそしてノルウェー15カ所にショールームを開設。

テスラモーターは2003年に数人のエンジニアが設立したベンチャー企業。10年で従業員は3000人に増え31カ国で販売。トレンディなデザインと燃費の良さでテスラは人気を集めており、工場設置で、一気に欧州での販路が拡大

  • 1000

    mcd***** 強く買いたい 2017年6月1日 01:13

    >>992

    EVの総保有コストは20年代前半に、通常の内燃機関自動車に並ぶ

    EVメーカーである テスラ の市場シェアや株価が上昇~
    自動車産業の中心地デトロイトにも揺さぶり

    中国ではEV生産拡大に向けた割当制度が導入される運び。 ラッキー


    EV、早ければ25年に『ガソリン車より割安』


    電池を動力にする電気自動車(EV)は、ガソリン車を購入するよりも安くなり、
    保有者にすぐに恩恵をもたらすようになる

    ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)の新たな調査で明らかに


    ルノーやテスラなどの自動車メーカーはこれまで、
    長期にわたり無公害のEV購入する際の割高な初期投資は
    比較的安い燃費と維持費により補われると売り込んできた。

    BNEFの調査は、
    電池コスト値下がりで早ければ2025年に
    EV購入がガソリン車より安くなることを示唆

    現在、EV全体のコストで電池が占める割合はほぼ半分。

    BNEFの予想では16年から30年までの間に電池価格は77%安くなる

    BNEFのアナリスト、コリン・マッケラッチャーは、
    「通常車との価格差縮小につれ、
    初期投資は割安となり始め、EV購入が増え始めるだろう」

    「それからはさらにEVの魅力が高まるだろう」と分析

    ルノーのEV担当上級副社長であるジル・ノルマンによれば、
    「EVの総保有コストは20年代前半に、通常の内燃機関自動車に並ぶ」