ここから本文です

>>1487

こんち~。

え? 5次会ってか、タフだね~。
バッさんの高校、歴史と伝統とともに、地域に根付いているから、
毎年、毎年、盛大に同窓会、いいね~。
私の友人は出席しているのだろうか?
私の卒業したところも来年で創立100年、盛大に同窓会をやるか、
それとも、卒業生に寄付を募ったりするのかな?
地域にも根付いていないし、最近は同期会もやらないし、
中学、高校時代って中途半端なんだよね。

さて、本題の競馬のお話。

ダービー勝ち馬の過去のデータを収集したら、6項目が浮き出てきた。
その6項目を今年の出走馬に照らし合わせたところ、
6項目すべてをクリアーしたのは、ただ1頭。
・1800m以上の重賞勝ち歴
・出走頭数10頭以上かつ芝2000m以上のレースで勝ち歴あり
・前走皐月賞に出走
・出走数5戦まで
・前走上がり3ハロン5番以内
・前走4コーナー7番手以下

全項目クリアー:6.サートゥルナーリア
5項目クリアー:該当馬なし
4項目クリアー:7.ダノンキングリー、8.メイショウテンゲン、10.クラージュゲリエ、11.レッドジェニアル

敢えて、6.サートゥルナーリアのウィークポイントは、
18頭立てになって以降のダービーで、馬番6から勝ち馬がでていないことと、
過去10年乗り替わりで連対した馬がいないというデータだけ。

ダービーは、皐月賞出走組 VS 他路線上位馬 という構図が最近の傾向だけど、
今年は明らかに皐月賞組が強い。

◎6.サートゥルナーリア(テン乗り?)
〇7.ダノンキングリー (皐月賞では、勝負どころで若干不利があった) 
この両頭のどちらを本命にするか迷っっている、6が一本かぶりなら、7から買いたい気もある

以下の5頭は当日のパドックの状況を見てから3頭に絞りたい。
10.クラージュゲリエ、11.レッドジェニアル、12.アドマイヤジャスタ
13.ヴェロックス、14.ランフォザローゼス

12.アドマイヤジャスタ、皐月賞では、上位3頭と力の差があるように見えたが、
府中の2400mの適正は高い。
13.ヴェロックス、年明け3戦を消化し、ダービーでは上がり目が乏しいような気がする。