IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

4571 ナノキャリア
5月と6月に注目してみる

---NK105
1度第3相まで行ったが結果が残念になって、薬量を増量して第2相として2018年~2020年12月を治験予定として再挑戦し、昨年末に治験完了予定を今年の5月末に延長したと発表されているらしい
予定通りいけば今年の6月に、これに関するIRが出る可能性はあるが株価の影響は期待できそうにない(10~20円位は上がるかも知れない)
良い結果になる保証が無い

---ENT103 
2020年4月17日のIRによれば本来は第3相の試験終了予定時期が2020年3月31日になっていたがコロナの影響により試験期間が延長された。
5月末までに、これのライセンスアウトに関するIRが出ると考えているが、IRが出たとして良い方になるか悪い方になるか…
IRが出なかったとしても近い内に出ると考えている。

---ワクチン
ワクチンに関しては絶望的と考えて良いと思うので考慮する必要無し
半年で可能と言っておきながら、もうすぐ1年が経つ
しかも、IR側はワクチンに関する質問は何も分からない答えられないと言う

---ワラント
第18回固定行使価格383円の784万株という大型ワラントが予定されているらしい
これの行使をしてもらえるような株価に上がらない場合は修正条項付きワラント債を警戒する必要がある。

---上記の内容に関する結論
結論で言えば、仮に上記のようなIRで株価が上がったらワラントの警戒で売却する必要があると思う。
どっちのワラントになったとしても、上昇トレンドになる事は考えにくい
良くてヨコヨコ、多分じわ下げになると予想する。

---卵巣がんVB-111
2021年1月8日のIRによれば、第3相の実施期間は2023年6月(予定)とされてる。
これが成功なら株価が大きく上がると予想しているが、
これに期待して買う事を考慮するなら
2023年になるまで様子を見て情報が出たなら確認して、
それ次第で買うタイミングを決めれば良いから
2023年になってから考えれば良いと思う。


5月6月にIRが出て仮に株価が上がった場合、暫くは株価が上がりそうな材料が思い当たらないがIRが出るかどうかは注目したい