ここから本文です

>>9902

画像はドル円の週足です。

何が起きているのか簡単に書くと
一番左側の黄色の波の始点にいる「買い方軍」と
終点にいる「売り方軍」が戦っている訳です。

つまりピンクの矩形部分に圧力があり
その間の圧力が無い部分で行ったり来たりしている訳です。

ちなみに
上側の白線は週足の200SMA。
下側の白線は月足の200SMA。

つまり今は「週足の売り方」が下押ししている状態で
画面の左側と右側の黄色の波の半値付近まで押したので
少しショートカバーが入った状態。

多分日足がもう完全に売られすぎだったので
一旦戻したんだと思います。

それとこの波の半値の赤ラインは
過去何度も売り方を止めてきたラインなので
非常に重要ですね。
(※画像の横線は目分量なので正確な数値では有りません)

但し円ショートがあと1回分位の下押しパワーしか
残っていないので、一気に下落させるのはちと厳しそう。

更に下がれば今度は月足の200SMA付近で
「月足の買い方」が出てきますので
一気にそれを倒すのは今の残った円ショート数では
まぁ無理でしょうね。

と言う事で力関係は相変わらずの「売り買い拮抗」で
「横よこカニ相場」・・・(V)[゚ ゚](V)

・・・・ですね^^;

あとファンダから見てもこれから米景気が更に良くなり
更なる利上げが行なわれる可能性より、
米株下落の対処から利下げが行なわれる可能性の方が高いと思うので
長期的に下押し要因は有りつつも
今の金利差だと結局下がればドル買いでドルにお金が流れるので
大幅に売られる可能性も現在は小さい。

つまりドル円のファンダの中長期目線は
「日米貿易摩擦の円高圧力」&
「米景気後退による利下げ観測」から下げ圧力が強いが
日銀のマイナス金利政策により、米国が利下げしても急には日米の金利差が
拡大しないので急落はし辛い。

逆に上方向を考えてみると
NYダウがここから更に爆上げして
それに引っ張られて更なる利上げ観測で上昇する位しか思いつかないですねw

そもそもチャートの形だけみたら今まで何時爆上げしてもおかしくなかったのに
ドル円は未だにこの体たらく状態ですから^^;

続く・・・

名門!FX野球部! (-_☆)キラン 画像はドル円の週足です。  何が起きているのか簡単に書くと 一番左側の黄色の波の始点にいる「買い方軍

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!