IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

幸いなことに、金曜日は、イースター前のGood Fridarで米国など多くの国が祝日。 市場もCloseしたたため、トレードは閑散。
大きな動きは見られませんでした。

ここでひとつ不思議なことがあります。
昨今、トレードは、システム化され自動売買が大きな割合を占めるようになったと言われています。
しかし先に述べたようにトレードは閑散。

完全自動化など無理で、人が見ていて、人がある程度の操作していないとダメということだと妄想できます。


そもそもなんのイベントもニュースもなく、売り買いされている場合なら自動売買も成立すると思いますが・・・・・
短期で急激な変化には対応できません。
これはテクニカル手法でも同じこと。

自分が乗り越えられたのは、この訳の分からない相場を「ファンダを捨て」、「そういうものと割り切れた」ためかも知れません。

ちなみに個人的な興味は、ドル円。
108円30台になる大きめのSポジを狙って、HFが上げてくるか?
109円前後の中くらいのLポジを刈に来るか?

これに乗りたいと思っています。