IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ソフトバンクの税逃れ、日常的か?

孫正義氏率いるソフトバンクグループ(SBG)は、年間500万円しか日本に税金を払っていないという指摘がなされていたが、このほど東京国税局の税務調査を受け、4年間でなんと939億円の申告漏れを指摘された。しかし、SBGの申告漏れは今に始まったことではない。この前の税務調査でも数千億円規模の不正申告が発覚した。納税意欲の乏しい代表的な大企業であろう。

SBGは2013年にアメリカの携帯電話大手スプリントを買収、次の年にアメリカ携帯電話卸売のブライトスターを買収した。もともとアメリカの2社はご他聞に漏れず、タックスヘイブンに子会社を持っていた。バミューダである。このバミューダにある子会社にSBGは利益を集中させ、東京国税局は、バミューダにある子会社は実質的に何の事業も行っていないペーパーカンパニーと認定し、親会社SBGの利益に合算するとして課税した。

この他、シンガポール子会社の中古携帯端末の流通子会社も合算対象とした。合算対象となった所得は747億円、それに株式売却益の申告漏れなどを含め939億円であったが、SBGには多額の繰越欠損金があり、追徴税額は40億円にとどまった。税務申告では常に赤字企業のSBG。しかし世間では「2017年12月期の純利益は前年同期比20%増の1兆149億円、13年7月にスプリントを1兆8000億円で、14年11月にブライトスターを1200億円で子会社化し、さらに16年9月にはイギリスの半導体大手アームホールディングスを3兆3000億円で買収する」などしている。SBGの利益操作はマジックである。これほど公表利益と税務利益がかけ離れている企業はあるまい。

日本で年間500万円しか納税していないソフトバンググループ。果たして、どこの国の会社なのであろうか。