ここから本文です

>>53

macさん、こんばんは。

大変勉強になるとともに、自分の投資方針に少し安心しました。
私は、2017年4月から株式投資を始めた初心者です。

2018年年末までは、順張り、むしろ新高値狙いでした。
2018年末と今年年初の下げで、大反省し逆張りに変更。
今年に入ってからも何とか利益を確保できています。

私は、地合いの上げ相場と下げ相場、個別株ではテーマごとに、
順張りと逆張りを使い分けるといいのかなと、今年になってから実感しています。

mac さんの投稿を一生懸命に読ませていただいています。
mac さんの関心を持たれている個別銘柄は、「移動平均乖離率 -10%」程度の銘柄でしょうか?
大変参考になります。

  • >>195

    今、なんか掲示板の雰囲気からして書きづらいですが、乖離は、銘柄によって癖があるんで、目先の最大上方乖離と同程度の下方乖離を理想にしてます。理想通りにはいかないので、13週線と26週線タッチが目安です。

    ただ、これから先、アノマリーが起こる可能性は高いと思っていますので、単純に乖離とか移動平均線タッチという基準だけでは見られないと考えます。ISBなら、1500円で、と、先ほど書きましたが、たぶん、1500円くらいで買っても、移動平均線が下向きになってしまったので、Isbgogogoさんが、「1500円割れ確実」とお書きになった可能性の方が高く、微損失撤退が関の山でしょう。そうなれば、三番底ではなく、底割れです。

    その一方、ここから平均線を上向きにするためには、連日出来高10万以上で急速に2000円を抜いてこないといけませんが、現状、2008円というMSWのタガがはまっているのに、誰が買い上げるのか、という話です。現状1700円で、Kazさんでさえ、先日、1800になったら撤退とお書きになっていたのに、1500を割る可能性が少なくない株を買う理由が見当たりません。

    Chiさんは、そんなにご経験が短いのでしたら、これから1年、2年は、新たに勉強する事ばかりになってしまうと思いますよ。三尊天井銘柄なら三番天井からの下げ、ツインピーク銘柄なら二番天井からの下げは、乖離率とかでは語れないほどすさまじく、また、下げ切った後もダラダラと長期低迷しますから。特に、小型株は、いったん不人気化すると、よほど強力な材料や業績を持っていないときついです・・・。