ここから本文です

>>51

結局、上げ相場の時には、誰もが儲けられるわけですから、そこに到達するまでに資金を持続できているかがポイントかと思います。

みなさん、右肩上がりの上げトレンドを持つ銘柄を買うのに、私が買う銘柄が、常に損切りライン一歩手前の右肩下がりの銘柄ばかりで、おかしなやつだと思われているでしょう。しかし、この手法は、損が少ないんです。indigo氏からアドバイスをもらった時も、上げようが下げようが微動だにしない銘柄の一点、二点に取り組んでいたので、「ありがたいですけど、私は、特に・・・」という感じで、今日まで、幸い生き延びられています。

まだ、下げ相場は始まったばかりで、ここからさらに半値になるかも、という、最悪の想定が、常に頭にあります。「半値、八掛け、二割引」。底まで達した銘柄は、テーマ株であれば、反転も早いですから(SB600円から300円くらいまで下げましたけど、今は1万円を超えています)、なにとぞ、長期的な視点で投資なさってください。米中次第で、途中で反転もありえますし、来月下旬までは、様子見を基本に据えられるべきと、僭越ですが、思います。

なにしろ、私のような、下げ相場の権化のような者が、投稿を始めたわけですから、不吉に思ってくださって結構です。

  • >>53

    macさん、こんばんは。

    大変勉強になるとともに、自分の投資方針に少し安心しました。
    私は、2017年4月から株式投資を始めた初心者です。

    2018年年末までは、順張り、むしろ新高値狙いでした。
    2018年末と今年年初の下げで、大反省し逆張りに変更。
    今年に入ってからも何とか利益を確保できています。

    私は、地合いの上げ相場と下げ相場、個別株ではテーマごとに、
    順張りと逆張りを使い分けるといいのかなと、今年になってから実感しています。

    mac さんの投稿を一生懸命に読ませていただいています。
    mac さんの関心を持たれている個別銘柄は、「移動平均乖離率 -10%」程度の銘柄でしょうか?
    大変参考になります。