IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

来年度はMTI企業にとっては「ルンルナ」はもとより、位置情報、多様化したアプリ大当たりの年の始まりか、しかもゲーム関連と違い、好業績が長期に渡り期待できる。

追伸
急落時は徹底的に売らせ、急騰時は一瞬で騰がる。一時の判断が買戻せなく
なる。(注意)

<2015年を読む>注目テーマはこれだ(遺伝子ビジネス)
12月30日(火)19時08分配信 モーニングスター

遺伝子検査が一般化すれば、遺伝子情報を踏まえた健康管理サービスや健康食品などを提供する企業も出てくるだろう。倫理的な是非を問う声もあるが、遺伝子情報を究極の個人データとしてマーケティングに活用しようという動きも見られる。今では簡単な検査が1万円以下で受けられるなど価格面のハードルも下がり、15年は遺伝子ビジネスに参入する企業が増えるだろう。

 関連企業では、癌遺伝子検査キットを低価格で提供し、女性に人気の健康アプリも運営するエムティーアイや、ネット上で検査キットの提供や解析をするソフィアHDなどがある。