ここから本文です

〇 ノアが全株を譲渡したことに対する見解。

総会を材料に株価が大きく変動する以上、主要株主のノアが相対取引で売買できる相手は、ノアと同程度に情報を共有してるのみ以外だとインサイダー取引になるから実質不可能なわけ。
ノアと情報を共有してる相手が、その情報を元に市場外で売買しようものなら、結果それもインサイダー。よって、ノアの売却先はノアに近い存在だよ。

もっとも可能性が高いのは、新社長。

他にも可能性が低いものであれば、決議後の増資資金を一部調達する為に、株券を譲渡した。
臨時株主総会での決議を確かなものにするために、その株券を譲渡した。等々は考えられるでしょうね。

市場で売り捌くことも難しい10%株式を買う以上、買う側にしろそれなりの理由ないと買わないでしょう。