ここから本文です

景気を牽引している輸出企業が廃れ内部留保の増大に支え
られて給料が上がっていたこうした大企業がダメになるなら、
いくら円高でメリットがあると言われる業種においても
その不況要因を相殺することはできず、結果全体的な堕ちこ
みになるのは当然。いえばアベノミクスの終焉だ

加えて、日本国のインフラの基本の基本を支える
銀行は日米の金利格差が縮小している中
で収益源について確保することもできずに、その業績は
悪化、座視するようないまの状況からまずは地方銀行の
再編という名の下に大淘汰時代が静かに進行している
それはメガバンクでさえ逃れられず高配当を謳いながら
もその株価が年初来安値を更新しているのはまさにそれが
原因である

こうして円高、金利の低下による輸出、銀行の不振が続けば
おのずと金融不安は再燃しかねなく一方で日銀の取りうる政策
はない、そしてそんな来るべき不況を過去に痛いほど経験している
したがって単純に円高イコールをメリットをうける会社の好調に
なることなど有機的につながっている現代社会を考えるなら
胡散臭い話だ