ここから本文です

322,000

-1,500(-0.46%)
  • 前日終値
    323,500(03/04)
  • 始値
    324,000(09:00)
  • 高値
    324,500(09:01)
  • 安値
    318,500(10:19)

掲示板「みんなの評価」

買いたい 100%
  • 強く買いたい
  • 買いたい
  • 様子見
  • 売りたい
  • 強く売りたい

直近1週間でユーザーが掲示板投稿時に選択した感情の割合を表示しています。

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 何故にこんなに下がる?
    地銀決算売りとしても下がり過ぎだろ。
    年初来安値だし。
    上がった銀行株売って乗り換えで配当増えるので、検討中!

  • 山口達也事件でできた縁を断絶!?
    「総スカン」藤島ジュリー景子社長が広報担当と仲違いか。
    「国連問題」“ジャニー喜多川氏の闇”は解決不可能?

    ピンズバNEWS 2023.7.19

    度重なる被害の告発と国連による調査とくれば、
    さらなる窮地に追い込まれるのは必至のジャニーズ事務所だが、
    ここにきて、この件の広報担当とジュリー氏の関係に変化が生じているという。

    「5月14日に配信されたジュリー社長による謝罪動画のプロデュースや
    6月12日に結成が発表された外部専門家による再発防止特別チームの人選など
    にも関わっているのは、PR会社サニーサイドアップ社の次原悦子社長です。

    当初はジュリー社長も全幅の信頼を置いていた次原社長ですが、
    ここに来て仲違い状態だというのです」(前出のスポーツ紙記者)

    元TOKIOのメンバーである山口達也氏(51)が
    2018年5月に起こした飲酒騒動の際に開かれた、
    TOKIOメンバーによる会見を取り仕切ったのも次原氏だ。
    そのことで縁ができたというが、2人の間に何があったのか。

    「ジュリー社長はフジテレビで社長室勤務を経て、ジャニーズ事務所へと入社。
    ジャニーズ事務所の社長を19年9月から務めているとはいえ、
    あくまでも叔父であるジャニー氏からその家業を引き継いだかたち。

    芸能界には疎く、業界内でのつながりが豊富とは言えない。
    “私には友達がいないから”と漏らすこともあるそうです。
    そんな中で、山口達也騒動の際にお世話になった次原さんなら
    何とかしてくれるのでは、との思いからジュリー社長から声を掛けたと
    聞こえてきています。

    しかし、次原さんが打ち出すアイデアである、
    謝罪動画や再発防止特別チームの設置を発表しても事態は一向に改善しない。
    それどころか、世間からは総スカンを食らっている状態です。
    次原さんの提案を鵜呑みにし続けても良いものかと、
    ジュリー氏は逡巡しているといいますね。



    2180 サニーサイドアップグループ
    8955 日本プライムリアルティ投資法人

    JPRのコアアセット「JPR千駄ヶ谷ビル」7F-8Fに
    オフィスを構えるコアテナント「サニーサイドアップ」に関する記事

  • 8804東京建物、
    八重洲ビル事故受け「営業活動停止」
     再開発事業に参画……「事態重く受け止めている」

    2023年9月20日(水)21時21分 ねとらぼ

    不動産大手の東京建物が、
    同社が再開発事業に参画するJR東京駅前のビル工事現場で起きた
    作業員の死亡事故を受け、営業活動を停止していることが分かりました。
     
    同社はJR東京駅前に51階建てのビルを建設する
    「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」
    の再開発組合の一員として参画。
    同事業に関するページも公開していました。

     ビル工事をめぐっては、9月19日午前、クレーンでつるしていた鉄骨が落下し、鉄骨の上で作業していた作業員2人が死亡する事故が発生しました。

    事故を受け、建設工事を行う企業体の代表を務める大林組は
    「工事に従事される方の安全を守れなかったことは悔恨の極み」とし、
    事故原因の究明に全力を挙げて取り組むとコメントしていました。

     今回の事故について、東京建物の広報担当者は20日、
    ねとらぼ編集部の取材に対し
    「お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
    ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。
    また、被災されました方々にお見舞いを申し上げますとともに、
    一刻も早いご回復をお祈りしております」とコメント。

     また、「再開発組合ならびに弊社といたしましては、
    このような事故が発生したことを厳粛に受け止めており、
    再発防止に向け、より安全対策に努めるよう施工者に対して要請するとともに、
    引き続き必要な協力を行ってまいる所存です」と伝えました。

     担当者は「今回の事態を重く受け止めている」とし、
    「弊社としましても、事故の重大性を鑑みて、事故原因、現場の安全管理体制、
    再発防止策等が確認できるまでは営業活動をストップしている」と説明。

    同社による再開発事業のページも、19日13時ごろから
    一時的に公開を停止しているとしました。


    8955 - 日本プライムリアルティ投資法人

    JPRにはいる日は来るんかな?

  • 前園真聖“愛豚”の死を報告 
    15年ともに過ごしたセブン「今でもセブンを想うといつも涙が溢れてきます」

    スポニチ 2023年8月22日

     元サッカー日本代表でタレントの前園真聖(49)が、22日までに自身のインスタグラムを更新。ペットのミニブタ・セブンくんが死去したことを伝えた。

     「8月21日はセブンの15歳の誕生日です」とつづり、続けて「僕達の大切な家族であるセブンは、先月28日に、虹の橋へ旅立ちました」と、7月に亡くなったことを報告。

     2008年に出会い、自身の背番号から「セブン」と名付けた。「僕が仕事から帰ってくるのを待っていてくれて、最後は家族で看取ることができました」といい、「小さな頃はいたずら好きで、食べることが大好きで、いっぱい食べていっぱい寝る。とっても賢くて繊細で、寝顔が愛おしく、甘えん坊なセブンでした」と、セブンと過ごしたこれまでの日々を回顧した。

     「そんなセブンには、いつもたくさんの愛をもらいました。どんなことがあっても、家に帰ってセブンの寝顔を見ると、心が安らぎ自然と笑顔になる自分がいました」といい、「セブンとお別れした日は雨が降っていました。その帰り道 雨が上がり、虹がかかりました。セブンが、もう泣かないで、僕は大丈夫だよと………でも今でも、セブンを想うといつも涙が溢れてきます…」とあふれる思いを吐露。

     セブンとともに撮影したたくさんの写真を公開し、「会えないけど、いつも心の中には、いつでもセブンがいます。だから、これからもセブンから受けとった愛を大切に、妻とアンジェロと歩いていきます」と前向き。「毎日、セブンを想い出し、いつも会いたくてたまらないです…セブン、家族になってくれて、一緒にいてくれてありがとう。これからもずっと一緒だからね…」と、天国のセブンへ思いを伝えた。



    8955 - 日本プライムリアルティ投資法人

    JPRのコアアセット「JPR千駄ヶ谷ビル」7F-8Fに
    オフィスを構えるコアテナント「サニーサイドアップ」

    ゾノは「サニーサイドアップ」の稼ぎ頭や

    JPRの賃料収入の一部はゾノの稼ぎから出とるんや、頑張ってもらわんとな

  • ジュリー氏は100%保有のジャニーズ株を手放し
    創業以来続いた一族経営が終了の可能性も

    2023年8月30日 スポーツ報知

     ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長(57)が近く辞任することが29日、分かった。ジャニー喜多川前社長(享年87)の性加害疑惑問題をめぐり、同事務所が設置した「外部専門家による再発防止特別チーム」がこの日、都内で会見。ジャニー氏による性加害を認定し、再発防止策としてジュリー氏の辞任を提言した。
    同事務所は9月中に会見を開く意向だが、辞任は避けられない状況になった。

     ジャニーズ事務所は今後、どうなっていくのか。

     社長を退くことを余儀なくされたジュリー氏だが、21年のメリー氏死去後、100%株主となっているため、辞任後も会社への影響力は持つことになる。
    だが今回は「過去の清算」や「再出発」をキーワードに新体制を敷くため、今後、経営に関わるとは考えにくい。
    関係者によると、5月に謝罪動画を公開する以前から、周囲には社長を辞めたい意向を示していたといい、株を手放す可能性もある。
    また、現在は関連会社10社の代表取締役も務めているが、すべて辞任すると思われる。

     創業以来続いた一族経営。きらびやかな舞台や演出を考え抜いたジャニー氏と、そのステージの採算や経営面をサポートし、ショービジネスとして成り立たせたメリー氏。
    その“両輪”で、ジャニーズ帝国を築き上げた。2人が死去し、19年9月にトップに就いたジュリー氏は、ジャニー氏のポジションを継いだ滝沢秀明氏と“両輪”を担おうとしたが、滝沢氏は22年10月をもって退社。同氏は今年3月に新会社「TOBE」を立ち上げ、三宅健(44)や元King&Princeの平野紫耀(26)、神宮寺勇太(25)らが合流した。滝沢氏の今後の動きも注目される。



    8955 - 日本プライムリアルティ投資法人

    JPRのコアアセット「JPR千駄ヶ谷ビル」7F-8Fに
    オフィスを構えるコアテナント「サニーサイドアップ」

    代表の次原悦子さんは、
    藤島ジュリ-景子社長のアドバイザ-らしいけど、
    ジュリ-社長が表に出ることなく引退出来れば、お仕事は成功ってことなん?

  • 政府の人権対策に「大きな穴」…ジャニーズ喜多川氏の●的加害問題で注目、
    国連作業部会の声明が突きつけた課題

    2023年8月12日 東京新聞

    「政府の取り組みに、大きな穴が開いている」
    国連人権理事会「ビジネスと人権」作業部会は、8月4日に公表した声明で、
    ジャニーズ事務所を巡る性加害問題など日本の人権課題について、日本政府に改善を迫った。

    ◆政府へ「実効的な救済を確保すべき」
    12日間の訪日調査をへて、国連人権理事会「ビジネスと人権」作業部会が4日に公表した暫定的な声明では、ジャニーズ問題だけにとどまらず、
    女性や性的少数者(LGBTQI+)、障害者、労働者など、幅広い分野で「明らかな課題」が残っていると注文を付けた。

    日本政府に対しては、「あらゆる業界で、ビジネス関連の人権侵害の被害者に、透明な調査と実効的な救済を確保すべきだ」として、被害者救済や人権意識向上の要となる国家人権機関の設置を強く促した。

    ジャニーズ問題に関しても、主体的に被害者を救済するよう政府の積極的な関与を求めた。

    国連作業部会が東京都内で会見を開いた3日後。松野官房長官は8月7日の記者会見で、声明について「作業部会の見解は、国連や国連人権理事会としての見解ではなく、わが国に対して法的拘束力を有するものではない」と発言。

    ジャニーズ問題への対応の質問が続くと、「一般論として、個別の事業者における事案は、当該事業者において適切に対応されるべきものと考えている」と語った。

    ◆「法的拘束力がないとか言っている場合じゃない」
    20年来、ビジネスを巡る人権問題に関わり、今回の国連作業部会の聞き取りにも一部、同席した斉藤誠弁護士(77)は、松野発言に「法的拘束力がないとか言っている場合じゃない」と反論。

    ジャニーズ問題に関する「事業者で対応すべきだ」との発言には、「全く勘違いしている。国の責任を放棄している」とまで言い切った。



    8955 - 日本プライムリアルティ投資法人

    JPRのコアアセット「JPR千駄ヶ谷ビル」7F-8Fに
    オフィスを構えるコアテナント「サニーサイドアップ」

    代表の次原悦子さんは、
    藤島ジュリ-景子社長率いるジャニ-ズ事務所のアドバイザ-らしいけど、
    どうするんかな?

  • 東京建物ロジスティクスリート投資法人 設立

    今さら東建の物流J-REITなんてニーズあんのか?
    8955 日本プライムリアルティ投資法人を総合リ-トにすりゃええんとちゃう

    どうせなら私募でやればええのにな


    金融庁は三井不動産と三菱地所を除いて、
    一つのデベロッパ-で、一つのJ-REITとかルール作ればええのにな

    これ以上銘柄増えると、アナリストも投資家も大変やで

  • 8955 日本プライムリアルティ投資法人

    ビッグモ-タ-BIG MOTORで話題の損保ジャパン、
    JPRのスポンサ- 3年前に外れとったんやな

    現在のJPRは100%東京建物

    8804 東京建物のリスクマネジメント・レベルは最高!

  • ジャニーズ事務所 ●加害問題 国連が当事者に聞き取り調査

    7/26(水)テレビ朝日系(ANN)

    来日中の国連人権理事会の専門家らが、
    ジャニー喜多川氏による●加害を訴える元所属タレントらから聞き取りを行いました。

     ジャニーズ●加害問題当事者の会・石丸志門副代表:
    「非常に寄り添って、真摯に、重大問題として受け取ってくれた実感はあります」

     国連の人権理事会に属する「ビジネスと人権」作業部会による聞き取りはおよそ2時間にわたり非公開で行われ、「ジャニーズ●加害問題当事者の会」のメンバー4人が出席しました。

     作業部会は来月4日までの滞在中、日本政府と日本企業が人権を巡る義務や責任にどう取り組んでいるかを調査し、最終日には記者会見を行います。

     ジャニーズ元所属タレントからの聞き取りはこの後も予定されているということです。


    8955 - 日本プライムリアルティ投資法人

    JPRのコアアセット「JPR千駄ヶ谷ビル」7F-8Fに
    オフィスを構えるコアテナント「サニーサイドアップ」

    次原悦子社長は、ジャニ-ズ事務所のアドバイザ-らしいけど、守れるんかな?

  • 353

    b59***** 強く買いたい 2023年7月7日 14:37

    REITの中でも、超安定銘柄
    の日本プライム(^^)

    分配金を受け取りながら、超長期で
    応援しよう(笑)

  • サスティナブル&ダイバーシティフード“昆虫食”を楽しむ
    「虫グルメフェスVol.0」開催直前!
    出店する5店舗と提供商品をご紹介
    開催期間中、特別なトークセッションの開催も

    株式会社サニーサイドアップ 2020年11月25日

    株式会社サニーサイドアップ(代表取締役社長:次原悦子)は、
    昆虫食の魅力を継続的に発信し、「insect cuisine(インセクト キュイジーヌ)」という新しい食カテゴリーの確立を目指す“虫グルメフェス 実行委員会”を設立しました。

    その活動の第一弾として、
    多様な昆虫食を一度に楽しむことができる「虫グルメフェス Vol.0」を
    2020年11月26日(木)~29日(日)の計4日間、
    東京駅構内にあるイベントスペース「スクエア ゼロ」にて開催します。

    「虫グルメフェス Vol.0」では、昆虫食の第一人者である昆虫料理研究家 内山昭一氏を特別アドバイザーに迎えて、昆虫食について正しく、楽しく世の中に発信することを目指しています。

    そんな本フェスには、昆虫料理を提供している個性派酒場「鳥獣虫居酒屋 米とサーカス」、昆虫食専門店の「昆虫食 TAKEO」、昆虫食材を扱う「はまる食品」、食用昆虫の養殖システムの開発などを行う「BugMo」、大学発ベンチャーの「FUTURENAUT」と昆虫食活動家 かずきとのコラボ店など、5店舗が集結します。

    また、虫グルメフェス 実行委員会からは、YouTubeチャンネル「バグズクッキング 昆虫食&虫料理」とコラボしたオフィシャルキッチンや、各店舗とオリジナルに開発したドリンクを提供するドリンクバーを出店します。

    その他にも、内山氏の基調講演や、昆虫食を愛して止まないタレントの井上咲楽氏とのトークセッションなど、食べるだけではなく、学びの場としても魅力を発信していきます。開催期間中は、5つのトークセッションをお楽しみいただくことができます。


    8955 - 日本プライムリアルティ投資法人

    JPRのコアアセット「JPR千駄ヶ谷ビル」7F-8Fにオフィスを構える
    コアテナント「サニーサイドアップ」

    昨今のコオロギ食べようムーブメントの土台を作ろうとしとったのは、
    JPRのコアテナントやったんやな

  • 8955 - 日本プライムリアルティ投資法人

    JPRのコアアセット「JPR千駄ヶ谷ビル」7F-8Fにオフィスを構える
    コアテナント「サニーサイドアップ」の社長に文春砲

    「週刊文春」2023/06/14

    ジャニ-ズ事務所 藤島ジュリーK景子社長が頼る
    サニサイドアップの次原悦子社長は全社員にハグ要求

    ●加害ジャニーズの守護神たち

    「第三者委員会と受け取ってもらって差し支えない」

    6月12日、ジャニー喜多川氏の●加害問題を受けて発足した
    「外部専門家による再発防止特別チーム」が会見。

    座長の林眞琴前検事総長は、
    こう言ってジャニーズ事務所からの独立性をアピールしたが……。

    林氏は性加害について、
    「当然、事実認定をしたうえで再発防止策を提言する」
    とする一方で、

    「過去の加害行為全てを網羅的に調査することを目的にはしていない」
    と、全タレントへの聞き取りなど、全容解明への調査はしない方針を明らかにした。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み