ここから本文です

2019.3.19
野村HD、まさかの社長続投で後継者レースに変化
週刊ダイヤモンド編集部

社長在任期間で田淵節也氏を超えた永井社長。今年度の最終赤字転落が確実視される中、果たして業績を回復させられるか

「何も変わらないことに驚いた」(野村ホールディングス関係者)

 3月5日、野村ホールディングスは来年度の役員人事を発表した。かねてささやかれていた永井浩二社長をはじめとした首脳陣の交代はなく、大半が続投となった。これにより永井氏は、2020年3月末までは社長となることがほぼ確定。かつて野村證券を利益日本一にした「大田淵」こと田淵節也氏の在任期間(7年2ヵ月)を抜く7年7ヵ月となり、過去40年で最長期間の社長となる。

8604 - 野村ホールディングス(株) 2019.3.19 野村HD、まさかの社長続投で後継者レースに変化 週刊ダイヤモンド編集部  社長在