ここから本文です

🇯🇵磯崎-典世(学習院-大学-教授)



イ・ジャスミンは「農家の嫁」では無かったが、🇰🇷韓国人-男性と結婚してPhilippineから🚢渡韓し、帰化して、🇰🇷韓国籍を取得した



多文化-家族」を紹介する、TV番組への出演で💥👀注目されてTalentと成り、「多文化」のSymbolとして、与党の国会-議員-候補に、抜擢された。移民のSuccess Story、🇰🇷Korean Dreamの実現と言えるかも知れない



他方、2011年の国籍法-改正で、優秀な人材-確保の為、外国人を元の国籍を保持した儘、🇰🇷韓国籍を与える、✌️二重-国籍-制度が、導入された



イン・ヨハン(延世大-医学部-教授・国際-診療Center所長)は、長期に亘る医療-奉仕-活動が、🇰🇷韓国の社会-発展に貢献して来た⚡️と、評価され、🇺🇸America市民権を保持した儘、🇰🇷韓国籍が認められた「新たな時代の🇰🇷韓国人」と、成った


(中略)


現在の多文化_政策の推進が、Nationalism内実の変化を齎すのか❓❗️今の段階では判ら無い…



然し、此うした政策-推進の背景に在るヒトの流れは、止め様が無く、其れに伴う社会の変化に、政治が対応しようとして居る⚡️のは、事実で在る



少なくとも、🇰🇷韓国を「単一民族のNationalism」と、言うImageで捉えて居る⚡️と、現実の変化を見落として仕舞う⚡️事は、間違い無い⚡️で在ろう



📰黒星★新聞【緊急-寄稿】人口Bonus期を、疾うに過ぎた我が🇯🇵ニッポン國は、資本-主義-社会の成熟期と相俟って、👩若い女性が、自分の母親のやうに、人生の大半を、配偶者の世話や、子育てに忙殺する人生を敬遠して居るMindの中で、多子を望む事は、簡単では無いのは、御案内の通りで在る、80の齢を重ねた老夫婦が、老後が心配だ⚡️と落語のやうなハナシをする、金利は、低い所から高い所へ、Moneyが流れるのが経済の原則だが🇯🇵我が國は、該当し無いやうだ、此れが、所謂、重篤な🇯🇵ニッポン病で在る、此の膠着化のカンフル剤として、僅か人口の5%の国際-結婚を推し進める事に因りDiversityを図る…其の期待値は、Sports界に措いてのサニブラウン君やオコエ君の例を引く迄も無いので在る