ここから本文です

今後キャッシュレス化が進んだとしても競争は厳しさが増す。
利用者へのポイント等還元率競争も激化すれば利益率も低下するだろう。
クレジットカード以外の決済手段も増え、銀行や他業種からも参入が増えて来る。
クレディセゾンが現状のまま単独で行こうとする限り、このままでは衰退の道を辿る可能性は高いのだが、経営陣はどれだけの危機感を持っているのか疑問を持っている。
株価がもっと下がれば、どこかがTOBを仕掛けて来る可能性も出て来る。
無策の経営者が支配を続けるより、投資家としてはTOBされることを期待したい。