IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

前回の5月決算発表で、会社側は以下のコメントしてます。これが今回の決算でどのように数字としてでてくるか。上期は期待できない分、通期の見込みで前向きな予想が出れば爆上げなんですが、、、


2021 年 3 月期は車載向けが厳しい状況でのスタートとなりました。この他、事務機器、空調関連も上期 は厳しい状況です。これらの客先では工場が休止したことの影響が大きいのですが、一部を除いて生産は 再開しつつあり、積み残した分を作ろうとする動きもあります。
一方、米国向けの医療機器については、足元でも順調に売り上げが伸びております。意外なところでは、 ステイホームということで電子楽器向けの増産依頼が増えたり、マスク生産装置が増産になったことを受けて 産業機器向けのモーターやサーボアンプ関連の基板実装の引き合いが増えるなどしております。また、新型 コロナウイルス対策のための洗浄機能付き便座向けの生産も伸びています。
以上のことから、上期はある程度収益は落ちると思いますが、下期はそこそこ上向くのではないかと期待し ています。