ここから本文です

>>827

そうですね。何かあってほしい。

新たなる資本増強とか・・・・

アパレルに次いで、第2の具体的チャネルが示されました。
MoonParkaに次ぐ、プロトタイプです。

でも、どうしてPriusでもなく、Aquaでもなく、Lexusなんでしょう。
出荷台数的にはカローラが一番ですかね?
関山氏の研究理念・企業理念を実現させるためには、新素材を大衆社会・消費構造に
浸透させることが、必要不可欠です。そのために、消費社会に爆発的浸透力を持つ
アパレルを最初のチャネルとして選択しました。
おそらく、現時点での量産化技術が、消費社会への浸透を促すに足るコストパフォー
マンスを実現出来てないのではないかと思います。
MoonParkaにしても、このコストパフォーマンスの壁を超えられないために
いまだプロトタイプの域を脱せずにいるのでしょう。(会社四季報には今年中の販売
とあるようですが、MoonParka製品化のためのコストパフォーマンスは得ら
れておらず、今少し時間が必要である、という7月のSpiber取締役の言、
さらに、GW社長自ら販売時期の目標を今年度中(今年中ではない)としていること
などから、当面出たとしても、採算ベース乗るようなものではないと思いますが)

ま、ともあれSpiberが現実的企業として、徐々にその姿を現しつつあることは
素晴らしいです。今は新素材普及のためのチャネルを増やしていくことも重要でしょう。
上場早々、「継続の疑義」に追いまくられていては、研究に集中できないですからね。

車いすラグビー、日本チーム、おめでとう!!
Canterburyもがんばってたね。