IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

丸紅が、死んでも伊藤忠はいややというでしょうね。 伊藤忠には対等の精神みたいなものはないでしょうからね。

伊藤忠には、安宅を生体解剖した実績があり、ノウハウも残っているでしょうね。
株価からすれば、比率は1:3.2位でも、スーパーえげつないスーパーえぐい岡藤さんとその仲間は、1:4とか1:5やなどどとんでもないことを言い出すでしょうね。丸紅の株主さんは大損をこく。

安宅の時の様に、要らないヒトは引き取らない。 路頭に迷う人がでてくる。 要らない事業や業務は、引き取らずにみずほに押し付ける。 安宅の時には、住銀が引き取ったが、みずほにはそんな体力があるとは思えない。 例えば、安宅の繊維部門は、住銀が住金物産(今の日鉄物産ですね)に押し付けた。 丸紅で欲しいのはなんやろ、ガビロンくらいしか思いつきませんが。

伊藤忠のメインは、みずほではなくて、三井住友ですから、そんな話が出てきても、三井住友から、ええかげんにさらせ、みたいな横槍が入るでしょうね。

与太話としては面白いと思いますけどね。