ここから本文です

>>日銀が追加緩和でマイナス金利拡大に踏み切った場合、収益がさらに下押しされる銀行業界では預金者から手数料を取って金利を実質的にマイナスにする「口座維持手数料」の導入を検討する動きがある。黒田氏は「個々の銀行の経営判断」と賛否について明言を避けたが、超低金利下で経営に苦しむ地方銀行などでは導入に向けた検討が広がる可能性もある。導入されれば銀行口座の解約が進み、タンス預金が増える可能性も。消費者心理の低下にもつながりかねない。
https://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/190919/ecn19091920280032-n1.html


耐火金庫のブームよもう一度