IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

昨日発表のIRによれば、PSSをアリババが興味と関心があるみたい。

アリババが「PSSの全自動装置+試薬を大量購入(中国全土)」するだろう。


(PSS Web インフォメーション一覧)

2021年08月19日PSS田島社長インタビューがアリババジャパンプレスに紹介されましたNEW

2021.08.19
高精度、全自動のPCR検査を実現させた
こだわりの技術開発
(プレシジョン・システム・サイエンス株式会社)

全自動PCR検査装置の開発・製造元として一躍注目を集めるプレシジョン・システム・サイエンス株式会社(英文社名Precision System Science Co., Ltd. 以下PSS)は、千葉県松戸市に本社を置く老舗のバイオベンチャーだ。1985年の設立以来、臨床検査機器に関する独創的な技術開発を続け、世界の名だたる医療関連企業から一目置かれる存在感を示してきた。

国際的な知財戦略を慎重に進め、2015年、フランス企業のOEM製品として全自動PCR検査システムを発売。臓器移植が頻繁に行われる欧州を中心に、感染症検査などのために使われてきた。着実に売り上げ台数が伸びてきたところで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界を襲った。日本では、それまでPCR検査のニーズが少なかったが、新型コロナウイルス検査を大量に行う必要が生じ、同社への期待は国内でも一挙に高まった。海外より遅れてPCR試薬と装置がセットで保険適用となり、2020年8月から国内販売を開始。多くの病院に導入された。

熱意と人柄でPSSを引っ張ってきた田島秀二社長に、この1年半の緊急対応について、そして創業の思いから将来展望まで、技術経営の要諦を聞いた。

(以下略)