ここから本文です

吉野家ホールディングスが7月9日に発表した2019年3~5月期の連結決算は、営業利益が10億4400万円となり、1億7800万円の赤字だった前年同期から黒字転換を果たした。牛丼の新サイズの「超特盛」が想定以上にヒットし、客単価の引き上げに成功した形だ。

日経ビジネスから引用

ゼンショーも超特盛をやるだろう。ネーミングはどうなるか?松屋やなか卯も真似るか?牛丼肉尽くしか?ジャンボ牛丼か?肉盛りか? 
吉野屋もゼンショーも姿、売り。