ここから本文です

自動車部品のサンデンホールディングスは二酸化炭素(CO2)を冷媒に用いた自動車エアコン用の圧縮機(コンプレッサー)を開発した。従来の冷媒に比べて大幅に地球温暖化への影響を下げられる。独ダイムラーの高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」の「Sクラスクーペ」向けに、量産車として世界で初めて納入した。2017/7/6 23:16日本経済新聞 電子版