ここから本文です

株主としては、製品自体の性能の不良でなかったことが、まだ救いです。
それよりも、過大請求の背景に、何かしらの○キャンダルがないことを祈るばかりです。
悪抜きを急いで欲しいですね。