ここから本文です

名古屋証券取引所2部上場の特殊精密工具中堅「富士精工」(愛知県豊田市)の製品データを不正に複製したとして、県警豊田署などは27日、不正競争防止法違反(営業秘密領得)容疑で、中国籍の同社社員、申永輝容疑者(31)=豊田市中根町小訳=を逮捕した。「データを移したのは間違いないが、不正な利益を得る目的はなかった」と容疑の一部を否認しているという。
 県警は、同社の情報が外部に流出した可能性があるとみて調べる。
 逮捕容疑は、不正な利益を得る目的で1月29日ごろ、同社のサーバーコンピューターにアクセスし、営業秘密であるドリルの刃先の設計図などのデータをUSBメモリーに転送、複製した疑い。(2019/02/27-17:38)

日本企業は外国人を重要なポストに付けることはできなくなったな。