ここから本文です

>>712

仕方ねえな 多種多彩な材料あるも、取り敢えず5Gに関して下記参照

ネットワーク・電波伝搬などの電磁界解析を行う。5Gモバイル推進フォーラムにも参加し、次世代通信方式5Gの研究と世間への周知、実用化への取り組みに注力している。

5G関連銘柄の中でも構造計画研究所を本命視している方も多そうな銘柄だ。5G回線に対応する車載機器、つまりは自動運転車と5G回線の融合による新たなサービスというテーマに位置してくる銘柄になるのではないだろうか。先日も総務省による5G導入検討に関する報道から株価が急激に上昇を見せているが、今後も政府による5G関連の発表時には敏感に株価が反応を示していくことになるのではないだろうか。2月4日には同社のGPS位置測定位セミナーが開催されるなど、新たな材料が出る期待値も高そうな5G関連銘柄だ。その他にも、構造計画研究所は多数の次世代のサービスに関わっているため、料性性の豊富さといった点から見れば本命の5G関連銘柄としても期待充分。

以上