ここから本文です

昨年は夕方の発表でしたが昼間の発表に戻ってたんでしたっけね。
昨年は東証1部の発表も同時にあったから特別だったのかな。

さて肝心の内容は文句なしの好業績でしたね。
めちゃコミックが好調なのはある程度予想してましたが
外部の人間には業績がわかりにくいIT部門の方で
1Qから黒字化出来たのは嬉しい結果でした。
しかも予想外の上半期上方修正のおまけ付き。
これならさすがに去年みたいな混乱は起きにくいでしょう。
会社も混乱予防のためにあえて1Qに出してきたのかもしれませんね。
介護等のヘルスケアIT部門は、これから絶対に伸びる分野ですから
黒字化出来るようになったのは非常に心強いです。

めちゃコミックは34.7%の売上成長。
去年から明らかに成長率が変わったのはマグレではないようです。
電子コミック市場の成長率が2019上期で27.9%ですから
この激戦区でも確実にシェアを伸ばしてることになります。
更にめちゃコミックが素晴らしいのは売上の高成長と
高い利益率を両立しているところにあります。
LINEマンガやピッコマなどは売上成長だけならめちゃコミより上ですが
アプリ勢はアップルやGoogleに3割近くピンハネされてしまうので
ここまでの利益は残らないはずです。
めちゃコミが、つい最近までアプリ不要にこだわっていたのは
自社サイト直販による高利益率が理由でしょう。

めちゃコミの通期予想は約20%成長で立てられてますから
このペースを維持できれば予想を大きく上回り
2Qか3Qあたりでもう一度上方修正が出るのは必至かと思われます。

明日、どうなるかまだわかりませんが
このまま上放れ出来るようなら警戒されていたダブルトップを回避、
そしてカップウィズハンドル上放れという
大相場の始まりの合図になるかもしれません。
しかも今回のカップは大きく、底はタブルボトムっぽくなってるので
昨年より更に強力な買いサインとなっているのではないでしょうか。
今後がますます楽しみになってまいりました。

4348 - インフォコム(株) 昨年は夕方の発表でしたが昼間の発表に戻ってたんでしたっけね。 昨年は東証1部の発表も同時にあったから