IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>> 996   BNCT・・・・・6面照射装置まだかな

現在、CICSとガン研で臨床試験中。
熱伝導効率⇒35%向上、重量⇒46%減、放射化⇒60%減
対象は悪性黒色腫と血管肉腫。

福島sicがロームの6面照射装置、中性子の発生源を70cmにまで小型化で膵臓など幅広い癌の治療に活用可能性あり。
21年後半予定で治験準備中、国内外で認証の取得を目指す。
将来的には大きな輸出産業としての可能性が膨らんでいる。
どの中性子でもホウ素薬剤「SPM-011」を使用です。