ここから本文です

>>568

株価が低迷するから、片山社長やIRの金さんに責任転嫁するのをよく見かけます。
自分は株主総会で片山社長と3・4回やり取りしたのですが、偉そうでもないし、説明も丁寧でギリギリのところまで教えてくれました。
だから、そんなに悪い印象は持ってません。
アップルペイ相場の時もガッツリ儲けさせてもらいました。
あの時は、期初に3000万円分経営陣の報酬を返上してまで黒字にしてました。
おそらく片山社長からの働きかけでしょう。
ソフトバンクのペッパー君のお披露目式に呼ばれたりして、人脈もあるでしょう。
ここまでフライトが株価低迷したのは、Suica開通に苦労したのもあるでしょう。
しかし、片山社長のせいかと言われると疑問が残るところで、経営も誰がやっても似たようなものだったと思います。
株は我慢料だと思うので、自分は気長に待ちます。
アップルペイ相場の時は売り切りましたが、今回はアメリカ開通まで待つつもりです。

  • >>570

    お疲れ様です。会社は株主のモノです、片山の保有率はどれくらいでしょうか?はっきり言うてフライトは片山のものではありません、が、社長をしてます、て言うかさせてもらっているのですね、じゃ、誰に?そいつがいるんですね、片山が社長でいい、と決定できるような人物が。ところが、ここまで業績が悪くなるとそうは言ってられなくなります、そこでどう動くか、が大切です。片山にとってはフライトが上場廃止になろうが、関係ないんすよ、保有してないし。その影なる人物がフライトをどうするか、です。もし、この会社が黒字になって将来成長性がある、とみるならTOBしてくるところがあるだろうし、そうでない一回ガラガラポンする、ってなると上場廃止に向けて買い取る価格と決定したIRを出すでしょう、私はこれが怖い、可能性として十分にあります。だってフライトホールディングなんてなくなったってだ~れも困らないでしょう、困るのはほぼ個人株主です。上場廃止した後にフライトコンサルティングを上場させればいいんですよ、片山保有35%くらいで、こういうのは証券会社が手綱を持つので、なんか非常に怖いです。つまらん話でした、すいません。