IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今後銀行のシステム開発の受注が増える可能性があるのではないでしょうか。

銀行のシステム、新規開発が停滞
2015/4/13 0:06 日経電子版
 国内の銀行システムの新規開発が停滞している。金融情報システムセンター(FISC)の調査によると、邦銀のシステム経費に占める新規開発は2割にとどまり、7割が「維持・運用」だった。米国の金融機関では新サービス向けの投資が維持・運用を上回る。新規開発への投資が進まなければ、サービスや商品開発などで邦銀が劣勢に立たされる可能性もある。
 調査はFISCが銀行や証券会社など国内の金融機関に対して実施し、398社が回答。銀行のシステム経費は「新規開発」、「維持・運用」、「安全対策」の3つがある。昨年3月末のシステム経費約1兆円のうち、インターネットバンキングの導入やATMの増設など「新規開発」は21%の一方、「維持・運用」が70%と大半を占めた。
 一方、海外の金融機関の投資は新規開発の比重が高い。米研究所が昨年実施した調査では、米国内の大手金融機関のIT(情報技術)関連予算は新規開発が426億ドル(約5兆1千億円)で全体の58%。ITベンチャー企業への投資が積極的なことが影響している。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF10H2K_S5A410C1NN1000/