ここから本文です

新型ウイルス 病院の同僚医師など新たに3人感染確認 和歌山
2020年2月15日 15時09分

和歌山県は、男性医師の新型コロナウイルスへの感染が確認されていた、湯浅町にある済生会有田病院で、新たに同僚の50代の男性医師の感染が確認されたと発表しました。

さらに、この医師の50代の妻と、この病院に入院している60代の男性も感染が確認されたということです。

済生会有田病院ではすでに、外科に勤める別の50代の男性医師と、一時入院していた70代の男性の感染も確認されていて、県は感染ルートの解明を急いでいます。

和歌山県で感染が確認されたのは合わせて5人になります。