ここから本文です

ここが恐ろしい勢いで拡大急成長する可能性について

ここのビジネスモデルは素晴らしいが、中古住宅市場は売りたい人がいて買えるのだから、利益の源泉である販売用住宅残高の増加ペースはある程度変わらない。
ここの財務は良好であり、資金に困ることはない。
なのに今回最大40億の資金を調達し最大のリバレッジをきかせて更に160億販売用住宅当てるらしい。ここの3年分である。
そんなに仕込めるのか?そんなに中古市場が急拡大するのか?
もしできたら5カ年計画(売上、営利倍増、販売用住宅残高2.2倍)は、1年前倒しで達成されそうな計算だ。
資金が潤沢でも玉を仕込めるか繰り上げられるかは別の話だが
夢のある話に社長を信じてついてゆくことにする。