ここから本文です

人気離散が甚だしい、ストキャスト(スロー)見ると
まさに死んだ相場の域。
配当性向引上げだの増配だのと経営者はホザクが、
それで一番金が懐に入るのは社長自身じゃないか。
株主に託けて、自己利益の拡大策か・・・
何しろ特定株比率が75%、浮動株5%強。
身内ばかりで利益の山分けだあ~。
そんなことより、上場指定替えを目指した高株価
政策、株式分割、市場流動性強化が先だ。
こんな流動性では機関投資家はそっぽ向いて見向き
もしないよ、よく考えろ。
市場対応の指南役の証券幹事会社が一社で、いまいちの
證券会社だな、これでは歯車が止まるよ。