IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

・1982年以降、4回起こった米国債逆イールド後の景気低迷率は100%であること
・1990年以降、米金利・ドル円大幅上昇後の1〜39ヶ月後の株価暴落が、少なくとも5回起きていること
・我が国にも米国発の高金利が薄まれつつ輸出されること

直ちに遅滞なく、とは言わないが、
ざっくばらんとした表現で、おおよそ今後36ヶ月間にわたり、大きな景気後退局面を迎えることは免れない