IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>3806

共産党政権の成立しても 国庫の黄金貯金は
全て 蒋介石政権が台湾に持ち行かれたため
中国の工業化革命は 「一辺倒」という政策で
ソ連に頼って49年以後のことだった
フルシチョフ時代後 中ソ関係が悪化しても 文化大革命があっても 
毛沢東時代が終結まで 初期工業化を実現した
78年から 米中関係の改善によって 改革開放が始め 
40年間渡り 技術の更新で 成長してきたのも 
戦争に頼ることもなく 中国国民の犠牲と努力が払ったや
歴史を振り返れば 中国工業は いまの世界一の系統化全面化が
やはり 毛沢東時代の初期工業化の実現に感謝したいね
そうではなかったら 今でも 東南半島諸国の低い水準かもしれない

  • >>3819

    毛沢東さんは中国人からはずいぶん慕われているのでしょうね。
    中国人は努力家の人多いですから、東南半島諸国の低い水準のままということはありませんよ。改革開放路線をしなくても、中国とソ連で少しずつ技術革新していったでしょう。
    ただ、改革開放により、多くの技術が中国に渡り、中国が豊かになるのにかなりスピードアップしたでしょう。
    改革開放がなければ、ゲームでストリートファイター2の中国ステージのような、砂ぼこりの舞う路地にニワトリが吊るされたお店、そして道には多くの自転車のようなイメージが中国だったと思います。

    今現在も、日本とアメリカに技術をオープンにしろと言ってますね。
    私はもう中国は技術もアメリカや日本より上にきている部分が多いと思います。
    さらに教えろというのも強欲ではありませんか?