ここから本文です

旧民主党政権の枝野、蓮舫コンビが堤防建設費を仕分け削減した。
民主党政権初年に半分、翌年から2年ゼロでした。
その後も予算を復活させることなく経過し
全ての防災計画を潰し、再起不可能にした。
予算削減で地元の建設企業は縮小し
緊急時に間に合わなくなるし
重機不足、技術員や労務者不足で復旧工事も遅れる
この防災予算削減の張本人の蓮舫が、
テレビで「国土保全」や「土建が必要」と、
いけしゃあしゃあと言っている。
旧民主党政権が行った「日本人を殺すための事業仕分け」が
今般の水害被害に繋がっている。
水害犠牲者の大半が
蓮舫らの旧民主党政権によって殺されたのだと思う。