ここから本文です

英語圏の人が最初に発するのは、その時の気持ち、感情を表す単語。
その後に説明がくる。これが日本人との決定的な違い。
日本人の英語学習の弱点は定形や語句の記憶に味気無い時間を費やす点。
まず喜怒哀楽の感情を表してから説明、という自己表現を伴った英語教育は自分の気持ちを大切にする思考方法に変えてくれる利点もある。