ここから本文です

米国ユダ金は、日本国内の、「国家主義的な感情」の利用価値に気付いている。

安倍首相や麻生氏らの「国家主義的な感情」発言は、

ユダ金のジャパンハンドラー達の意に反して行っているのではない。
彼らの支援の下に行っている。パシリ犬安倍像

この「国家主義的な感情」で理性的言論や理性的勢力(たとえば福田康夫元首相)を封じ込めていった。今もっとむごい。機密費 公安 税務署 鮨🍣

「中国のエージェント」「売国奴」等のレッテルが、いとも簡単に使われるようになった。

米国ジャパンハンドラー達の意に反して、自民党の中に、「日本会議」のような勢力が
影響力を増すことはありえない。米国の支援の下にそだってきたとみるべきだ
60年安保の時とおんなじやり口 右も左もない