ここから本文です

株価は、6月12日につけた分割前の高値5000円から10月30日につけた上場来安値2091円まで調整を挟んで11月7日高値2449円と上昇している。10月31日に同社は、がん患者さん向け治療サポートサービス「マイカルテ ONC」が12月に正式にリリースすると発表。すでに大手製薬企業複数社が同社のプラットフォームへの参画を決めており、夏には、第1号としてニボルマブ(オプジーボ)に関する聖マリアンナ医科大学での臨床研究にて先行して採用されているほか、本サービスの普及に向けて、今後製薬企業以外の医療関連企業、保険会社、その他事業会社など様々なパートナーとの連携も進めていくことから、来20年12月期業績に貢献する見通し。11月11日に今19年12月期第3四半期決算の発表が予定されているが、スズケンとの資本業務提携による業容拡大に対する期待感があり、発表後に押す場面があれば、好買い場となりそうだ。(株式評論家・信濃川)