ここから本文です

>>344





祝NYダウ(ドル)暴続落!
17,953.21 ▲36 12:30
[ワシントン 31日 ロイター] - 米労働省は31日、新規失業保険週間申請件数を発表した。

*27日終了週の新規失業保険申請件数は、前週比1万7000件増の29万8000件。5週間ぶりに増加し、予想の29万件を上回る。

*ただ、クリスマス前後は申請件数は通常より大きく変動するする傾向があり、4週間移動平均は29万0750件と、増加は250件にとどまる。

*4週間移動平均は16週連続で30万件を下回る。

*20日終了週の受給総数は前週比5万3000件減の235万3000件。

ADR:
コナミ (9766) 1$=119.77
ADR東証複合チャート
Konami (KNM) NYSE 倍率1 ▼1.0% -23円

IIJ (3774) 1$=119.77
ADR東証複合チャート
Internet Initiative Japan (IIJI) NASDAQ 倍率2 ▼3.0% -73円 (ADR円換算-東証)

野村ホールディングス (8604) 
1$=119.77
ADR東証複合チャート
Nomura (NMR) NYSE 倍率1 ▼1.2% -8円 (ADR円換算-東証)

軒並み続落(`´)

ロイターほか

  • >>381


    祝NYダウ(ドル)暴続落!
     ▲160(◎_◎;)
    大発会は「特売り」でスタート!(^_^;)

    2014年最後の営業日である12月31日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は反落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の2月物は前日比0.85ドル安の1バレル53.27ドルで取引を終えた。一時は52.44ドルと09年5月1日以来およそ5年8カ月ぶりの安値を付けた。15年にかけても原油需給の緩みが続くとの見方が売りを誘った。
     この日発表された週間ベースの石油在庫統計では原油在庫が前の週よりも減少。一方、ガソリンやヒーティングオイルの在庫が増えたため、相場の反応は限られた。
     14年のWTI原油は期近物として年間で45.15ドル(46%)下落した。
     31日はガソリンやヒーティングオイルも反落した。
     ニューヨーク金先物相場は反落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である2月物は前日比16.3ドル安の1トロイオンス1184.1ドルで取引を終えた。外国為替市場でドルが主要通貨に対して上昇したのを受け、ドルの代替資産として逆の値動きをしやすい金先物には売りが出た。
     銀、プラチナも反落した。

    出典:日経新聞