ここから本文です

「金融のリテラシー」という言葉は、先頃の「年金だけでは2000万円不足」問題に関連していえば、資金を現金預貯金で持つよりも、その1/3でも1/2でも長期積み立て投資をした方がずっと多くの利子というか利益を得られるということなのだろう。
現在銀行の金利は0.01%,¥100万を1年預けても利子は1年後に¥100。昔は郵便貯金では年利7~8%の時代もあり、10年で¥100万が¥200万になった時代もあった。普通銀行の定期預金金利は3~4%は当たり前だったが、今ではゼロ金利で前述した¥100の利子に2割余の税金が引かれ約¥79の利息になる(ひどい税制!!、こんな利息なら税金はただにしろよ!)。
しかし、比較的安全なローリスク・ミドルリターンで初心者向きの長期保有前提(15~20年以上)の投資信託で毎月¥1万(今では¥1000から積み立てできる)の積み立て分散投資(国内外の株式、国内外の債券、リートなども含めた総合バランスファンド)を複数購入すれば、ほとんど誰でも年平均5%前後のリターン(預金の利子に相当、税引き後で約4%)が得られる。僕自身ずぶの素人で、誰の直接的アドバイスもなく1冊の本を読んで始めた。リーマンショックの半年前、約10年前に投資信託購入を始め、年平均5~7%のリターンになっている。実際は3つの口座で実験をし、現在投資期間は10年、5年、3年になるが、リターンは年平均5~7、4~5、4~5%で税引き後予測でも4~6、3~4、3~4%になるだろうか。10~20年以上続ければ年平均5%程度のリターンが得られるという著者の話は本当だったと実感している。銀行に預けるのがばかばかしくなる。
先の金融庁の年金¥2000万不足の報告書をまとめた委員会の委員の一人は投信会社の社長で、彼が自著の中で勧めた8本の比較的安全な長期保有向け投資信託の一つも買っているが、結果は良好である。みなさんにも投資信託の購入を勧めたい。国や政治があてにならず政府が嘘をついて平気でしらばくれ国民は騙されてもわからず政治に関心を持たず大勢に流される時代に、中高年はもちろん若者もやらねば損な国際標準の方法です。