IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

<米国>GEが反発、ゴールドマンが「トップアイデア」銘柄に
2021年6月30日 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=戸部実華】(コード@GE/U)29日の米株式市場で産業機械のゼネラル・エレクトリック(GE)が反発し、前日比1.6%高の13.09ドルで通常取引を終えた。ゴールドマン・サックスが29日付リポートで、大型株で投資妙味のある「トップアイデア」銘柄の1つとして取り上げ、好感した買いが入った。航空機需要の回復期待も株価を押し上げた。
担当アナリストは、在庫水準の低さや米政府のインフラ投資策、緩やかなインフレなどを背景に、産業機械関連は「過去10年間で最も良好な状況にある」との見方を示した。産業機械の回復基調は初期段階で、商業用航空機などの需要は今後増えると見込み、GEは「最も恩恵を受ける銘柄」と分析した。

経済活動が再開するなか、GEのフリーキャッシュフロー(FCF)の改善は「年後半に加速する」と予想。長期的にみても、航空機関連の回復のほか、再生可能エネルギー分野の伸びを受けてFCFの上振れが期待できるとみる。投資判断は「買い」、目標株価は前日終値を2割強上回る16ドルとした。

航空機需要の回復観測が強まったことも、航空機エンジンを手掛けるGEの業績期待を高めた。空運のユナイテッド航空ホールディングスは29日、米ボーイング「737MAX」200機と欧州エアバス「A321neo」70機の計270機の小型機を今後数年かけて購入すると発表した。長期的に航空需要が回復に向かうとの見方が広がった。