IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>686

インテル -2.58%
ナスダック -2.67%
AMD -2.85%

私の参戦時、昨年10月末安値からの比較
インテル 43.6>>>53.62 値上がり率22.9%
ナスダック 10822>>>13031 値上がり率20.4%
AMD 73.7>>>74.64 値上がり率1.2%

このご時世に個別材料を言及している人は
はっきりいって株を止めた方がいい
今の下落に個別要因は微塵も関係していない

周りが森林火災の時に
日光の照り具合がいいだとか肥料が行き届いているなどといった
個別の木の論評をしているぐらい滑稽に見える

テクニカル的に見ると
ナスダックは目先底の可能性も結構ある
13000辺りか12500辺りかそれ以下の泥沼か
40%、30%、30%ぐらいで見ている

13000を明確に割り込むようだと目指すは12500辺りで
こうなるとインテルもAMDも例外なく下がるので
さらに下げたら下げただけ買い増し、買戻しできるように
準備をしておいた方がいいでしょう

  • >>694

    インテル +0.73%
    ナスダック +0.72%
    AMD -2.08%

    私の参戦時、昨年10月末安値からの比較
    インテル 43.6>>>54.01 値上がり率23.8%
    ナスダック 10822>>>13124 値上がり率21.2%
    AMD 73.7>>>73.09 (値下がり率)0.08%

    誰かさんに都合のいい日だけ比較するなと𠮟りを受けたので
    毎日欠かさず比較してまいりましたが
    AMDとうとう値下がり率を記載する事になってしまいました
    対株価でインテルと比べAMDダメですよと言い続けていましたが
    一つの形になって証明できましたかね

    木を見て森を見ず論議がありましたが
    昨日などは森林火災が鎮火し全面高な中で
    AMDは一人負け状態でしたね

    昨日の逆行安こそ個別要因しか考えられず
    おそらく仮想通貨安が主要因だったんじゃないでしょうか

    全面安になろうとも個別の強さでAMDは浮上すると信じて疑わなかった方は
    昨日の逆行安にかなりショックを受けているでしょう
    信じすぎは良くありません

    ナスダック13000、インテル想定していた節、AMD中期最安値と
    全戻しになるか3分の1戻しになるかは分かりませんが
    全体、個別共に反発するタイミングとしては
    ここら辺がいい塩梅じゃないかと思われます