ここから本文です


CASI Pharmaceuticals、Inc.は、中国での商業化に焦点を当て、世界の市場における癌や他の満たされていない医療ニーズに対応する治療薬の取得、開発、および商業化に焦点を当てた後期のバイオ医薬品会社として事業を展開しています。同社の主要な研究開発の焦点は、腫瘍学の治療法です。戦略当社の戦略は、がんの治療のための潜在的なファーストクラスまたはマーケットリーダー化合物を開発することです。パイプラインENMD-2076同社の主要内服薬候補者はENMD-2076です。 ENMD-2076は、複数の前臨床および臨床癌研究において抗血管新生および抗増殖特性を示す、キナーゼ選択性プロファイルおよび複数の作用機序を有する経口活性のオーロラA /血管新生キナーゼ阻害剤である。 ENMD-2076は、オーロラAキナーゼに加えて血管新生チロシンキナーゼ標的の明確なプロフィールを阻害することが示されている。オーロラキナーゼは、有糸分裂(細胞分裂)の重要な調節因子であり、しばしばヒト癌において過剰発現される。 ENMD-2076はまた、様々な癌の病理学において重要な役割を果たすことが示されているVEGFR、Flt-3およびFGFR3キナーゼを標的とする。同社は、進行性線維髄様癌、トリプルネガティブ乳癌(TNBC)におけるENMD-2076の複数の第2相試験を実施しており、進行性卵巣明細胞癌および進行性/転移性軟部肉腫の登録を完了している。同社は、中国北京の中国医学アカデミーの癌病院で、TNBCのENMD-2076の第2a相臨床試験を実施しています。中国地域市場におけるライセンス供与された製品同社は、高度な成人Ph-Pharmacologyのために米国で承認されたMARQIBO(vinCRIStine sulfate LIPOSOME注射)を含む、3つのライセンス供与された腫瘍学製品に対する中国(台湾、香港、米国で承認された非ホジキンリンパ腫のための米国で承認された急性リンパ芽球性白血病(ALL)、ゼバリン(ibritumomab tiuxetan)、ならびに米国で承認された造血前の高用量コ