ここから本文です
CASIファーマシューティカルズ - 株価チャート

3.31

+0.1(+1.85%)
  • 前日終値
    3.25(11/18)
  • 始値
    3.21(23:30)
  • 高値
    3.38(02:36)
  • 安値
    3.21(23:30)
  • >>6


    EntreMedの副社長兼最高医療責任者であるCarolyn F. Sidor博士は、「この研究の全体的な目標を達成できなかったが、治療に応答した患者や安定した病気を有する患者の数が奨励されているこの高度に前処理された患者集団。将来的には、MKC-1治療に乳がん患者が反応した理由を明確にすることができます。 MKC-1の分子標的としてmTORおよびHIF-1αを明らかにした新しい機構的な洞察とこれらの研究からの情報を組み合わせることにより、MKC-1の恩恵を受ける限定された難治性の患者サブセットにおける将来の臨床研究を設計する上で、 1処置。さらに、いくつかの前臨床モデルのデータに基づいて、我々はMKC-1を連続投与スケジュールで投与することにより、化合物の抗腫瘍活性を増強できると考えている。連続投与を利用した追加の臨床試験は既に進行中です。

    「EntreMedは、この第2相試験の開始以来、MKC-1メカニズムの理解に向けて重要な進歩を遂げました」とEntreMed副社長、Mark R. Bray博士はコメントしています。 Bray博士は、「mTOR / PI3-キナーゼ経路に対するMKC-1の新たに発見された活性に基づいた用量およびスケジュールの精緻化および翻訳研究は、進行中および予定されたMKC-1試験に組み込まれている。さらに、MKC-1に対する癌細胞の抵抗性および感受性の分子的基礎を、内的および共同的に探求しています。我々は、これらの機構的および臨床的研究から得られた情報が、薬剤耐性患者集団において活性を示したMKC-1をどのように利用するのが最適かを定義するのに役立つと考えている」

  • EntreMed、米国臨床腫瘍学会年次総会でMKC-1フェーズ2データを発表
    転移性乳癌患者で証明された抗腫瘍活性

    がんおよび炎症性疾患の治療薬を開発している臨床段階の製薬会社、EntreMed、Inc.(Nasdaq:ENMD)は本日、MKC-1 Phase 2試験の臨床データを発表した転移性乳がんの患者では、このデータは、イリノイ州シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会年次総会で、乳ガン - 転移性のセッション中に、インディアナ大学医学部のブライアン・シュナイダー博士(Bryan P. Schneider、M.D.助教授)によって発表されました。

    このフェーズ2の単一剤、オープンラベル研究では、少なくとも1つのアントラサイクリンおよびタキサン治療を以前に受けていた合計65人の患者が登録された。 55人の患者が腫瘍反応について評価された。評価可能な患者のうち、MKC-1で観察された抗腫瘍活性には、応答を有する3人の患者と4ヶ月以上続く安定した疾患を有する5人の患者が含まれた。

    MKC-1は、多剤耐性細胞株を含む広範囲のヒト固形腫瘍細胞株に対するインビトロおよびインビボの有効性を有する新規の経口活性細胞周期阻害剤である。 MKC-1による以前の研究からのデータは、パクリタキセル耐性モデルを含む複数の前臨床モデルにおいて腫瘍増殖阻害または退縮を示す、広範に作用する抗腫瘍効果を示す。今日まで、MKC-1は複数のフェーズ1および2の臨床試験で400人以上の患者で評価されています。


  • 2017年6月30日現在、CASIは現金および
    約23.4百万ドルの現金同等物。

    CASIは2番目の
    (240万ドル)の2017年の四半期、または1株当たり(0.04ドル)である。これは、ネット
    昨年同期の損失(330万ドル)、または1株当たり(0.08ドル)でした。
    2017年6月30日に終了した6ヶ月間において、当社は純損失
    純損失(5.1ドル)と比較して、1株当たり(410万ドル)、または(0.07ドル)
    2016年の同じ期間に、1株当たり(0.12ドル)
    2017年の3ヶ月間と6ヶ月間の純損失は、
    在庫のタイミングに関連する非現金報酬費用の減少
    オプションの発行は、中国食品医薬品に関連する費用の増加により相殺された
    ライセンスを受けた米国食品医薬品局(FDA)の管理(CFDA)規制プロセス
    (FDA)はSpectrum Pharmaceuticalsの資産を承認した。


  • www.casipharmaceuticals.com
    意図された治療化合物の量を減少させる。同社は中国におけるEVOMELAのマーケティング承認のための規制および開発プロセスを開始した。 2016年12月に、CFDAはEVOMELAの輸入医薬品登録申請の見直しを受け入れました。前臨床開発当社の主な焦点は、臨床段階および後期段階の薬剤候補者であり、臨床的および規制上の進歩を加速するために米国および中国の医薬品開発モデルを直ちに使用できるようにすることです。その臨床段階と後期段階のアプローチに加えて、同社は2017年に評価を続ける可能性のある前臨床開発の候補薬候補を2つ持っています。これらの初期化合物に加えて、同社のパイプラインには2ME2(2-メトキシエストラジオール)抗血管形成性および抗炎症性の特性を有する経口活性化合物である。同社は2ME2資産の周りに知的財産を保有し、開発を進めるパートナーを求めている。研究開発2016年の研究開発費は4,646,000ドルでした。知的財産ENMD-2076は、ENMD-2076の特許権を直接所有しているか、特許出願を許可している(2件は米国特許、1件は中国特許、18件は特許出願、 。米国特許第7,563,787号の特許期間は、すべてのメンテナンス費用が支払われたと仮定して、2027年3月5日に失効する。他の国の特許出願中の特許(出願中の特許出願からの特許)は、年金の全額を支払ったとみなし、利用可能な規制当局の承認の延長を考慮していないと仮定して、2026年9月29日に失効する。同社はまた、ENMD-2076を使用した治療方法に向けた2つの米国仮出願を直接保有しています。ライセンス供与された医薬品候補(MARQIBO、ZEVALIN、EVOMELA)に関して、同社は知的財産権の独占的ライセンスを取得し、商業市場で医薬品候補を開発し、商品化することができました。その候補者2ME2に関して、同社は米国特許4件と外国特許12件を直接所有しています。すべてのメンテナンス費用が利用可能である可能性のある規制上の承認のための期間延長を考慮しないと仮定すると、米国特許第7,087,592号の特許期間は2022年3月12日に満了し、米国特許第7,235,540号の特許


  • CASI Pharmaceuticals、Inc.は、中国での商業化に焦点を当て、世界の市場における癌や他の満たされていない医療ニーズに対応する治療薬の取得、開発、および商業化に焦点を当てた後期のバイオ医薬品会社として事業を展開しています。同社の主要な研究開発の焦点は、腫瘍学の治療法です。戦略当社の戦略は、がんの治療のための潜在的なファーストクラスまたはマーケットリーダー化合物を開発することです。パイプラインENMD-2076同社の主要内服薬候補者はENMD-2076です。 ENMD-2076は、複数の前臨床および臨床癌研究において抗血管新生および抗増殖特性を示す、キナーゼ選択性プロファイルおよび複数の作用機序を有する経口活性のオーロラA /血管新生キナーゼ阻害剤である。 ENMD-2076は、オーロラAキナーゼに加えて血管新生チロシンキナーゼ標的の明確なプロフィールを阻害することが示されている。オーロラキナーゼは、有糸分裂(細胞分裂)の重要な調節因子であり、しばしばヒト癌において過剰発現される。 ENMD-2076はまた、様々な癌の病理学において重要な役割を果たすことが示されているVEGFR、Flt-3およびFGFR3キナーゼを標的とする。同社は、進行性線維髄様癌、トリプルネガティブ乳癌(TNBC)におけるENMD-2076の複数の第2相試験を実施しており、進行性卵巣明細胞癌および進行性/転移性軟部肉腫の登録を完了している。同社は、中国北京の中国医学アカデミーの癌病院で、TNBCのENMD-2076の第2a相臨床試験を実施しています。中国地域市場におけるライセンス供与された製品同社は、高度な成人Ph-Pharmacologyのために米国で承認されたMARQIBO(vinCRIStine sulfate LIPOSOME注射)を含む、3つのライセンス供与された腫瘍学製品に対する中国(台湾、香港、米国で承認された非ホジキンリンパ腫のための米国で承認された急性リンパ芽球性白血病(ALL)、ゼバリン(ibritumomab tiuxetan)、ならびに米国で承認された造血前の高用量コ

  • CASIファーマシューティカルズについて話し合うスレッドです。
    スレッドのテーマと無関係のコメント、もしくは他にふさわしいスレッドがあるコメントは削除されることがあります。

    textreamのビジネス、株式、金融、投資、または証券に関するスレッドに参加する場合は、Yahoo! JAPAN利用規約を再読してください。
    <Yahoo! JAPAN利用規約 http://docs.yahoo.co.jp/docs/info/terms/

    Yahoo! JAPANは情報の内容や正確さについて責任を負うことはできません。
    その種の情報に基づいて行われた取引や投資決定に対しては、Yahoo! JAPANは何ら責任を負うものではありません。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み